外国人地方参政権問題について問い合わせがあった。私は反対の立場で戦っていきます。理由はのちほど。