本日、衆議院災害対策特別委員会が行われました。
今年も7月豪雨により熊本県をはじめとする九州地方を中心に甚大な被害をもたらしました。
一連の災害により、犠牲になられた方々とそのご遺族に対し哀悼の意を表します。そして全ての被害者に心からお見舞い申し上げます。
最近は50年に一度と言われるような災害が毎年のように起きています。豪雨災害が激甚化・頻発化しています。
今までの防災・減災対策では国民の生命・財産を守れない。更なる国土強靭化遠目指していきます。
写真は、7月6日昨年の台風19号の被害状況や対策状況など地元荒川河川堤防等を視察した時のものです。