抗ウイルス薬のレムデシビルについての記事が読売新聞に掲載。
対象は人口呼吸器の装着が必要な重症患者に限られると書いてありますが朗報です。
昨日、安倍総理がアビガンについても新型コロナウイルス感染症の治療薬として5月中の薬事承認を目指すと述べています。
アビガンが感染初期、レムデジビルが肺炎(重症患者)そして今後1日も早くワクチンが開発されれば嬉しいです。

加藤厚生労働相は5日のBSフジの番組で、抗ウイルス薬「レムデシビル」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として7日に承認する考えを明らかにした。
加藤氏は7日に厚労省の審議会に諮問し、「了承されれば速やかに承認したい」と述べた。レムデシビルは米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発し、厚労省は4日に製造販売の承認申請を受けた。緊急時に迅速に審査する医薬品医療機器法の「特例承認」制度に基づき、速やかに特例承認する。
対象は人工呼吸器の装着が必要な重症患者などに限られるとみられる。