通常国会は26日に終わりましたが、内閣は当然終わりません。
本日は、第37回地方分権改革有識者会議・第91回提案募集検討専門部会合同会議が行われました。
「地方の発想に根ざした息の長い取組」として導入された「提案募集方式」も、今年で6年目に入ったところです。本年も300を超える提案をいただき、特に市区町村については、提案団体数・提案件数ともに昨年を上回り過去最多となったところです。
今日いただいたご審議をもとに内閣府としても国・地方間の調整等を鋭意進め、年末の対応方針の決定に向け最大限の実現を図っていく考えです。