さいたまスーパーアリーナで開催中のニューフードフェア2015へ伺いました。
さいたまヨーロッパ野菜研究会のブースでは若手農家の方から説明を頂きました。

さいたまヨーロッパ野菜研究会とは「国内でなかなか手に入らないヨーロッパ原産の
野菜を、さいたま市内で栽培できないだろうか」という地元シェフの声がきっかけで
結成された有志の研究会です。

「若手農家」「シェフ」「種苗会社」「卸」「自治体」「大学」などが協力して、今まで輸入に
頼っていたイタリアやフランス原産の野菜の栽培・流通に取り組み始めました。

現在、さいたま市岩槻区、見沼区を中心に11名の若手農家がヨーロッパ野菜の栽培に励んでいます。
若手農家が、新たな地産地消に一生懸命取組んでいます!

関東食糧ニューフードフェア - コピー

12108039_598855776920574_4497469472963048760_n - コピー