韓国の李明博大統領が我が国固有の領土であり、韓国が不法占拠している竹島に上陸した。なんという暴挙だろう。国のトップが軍事的にも何も行動に出ていない日本に、このような挑発的暴挙をする。

占領している国の方、しかもトップがこのような挑発的行為に出る。本当に信じられない非常識な行為だ。

日韓関係は、もちろん、東アジア全体にとって不幸な結果になるだろう。

また、今回の事案の対応した森本防衛大臣の発言は看過できない。森本大臣は記者会見で「他国の内政問題」との発言は、まるで世界に竹島が韓国の内政問題だと日本の防衛大臣が認識していると誤解を与えかねない。

 

以下森本防衛大臣のコメント

「日本の防衛政策というのと少し次元の違う話なので、個人的な印象を申し述べるのは控えたいと思いますし、防衛省・自衛隊がこの問題にすぐに何かしら対応するということではないので、そういうことも特段のコメントは控えたいと思います。普通日本人の方が普通に考えられて、これはやっぱり韓国の内政上からくる要請によるものだと皆さんが感じておられるとおりの印象を私は個人としては持っておりますが、それは韓国が内政上の判断でお決めになったことだと思います。」

 

相手の理由が何であれ、日本の国益を損ねるか否かで判断するのが外交・安保政策の基本である

またひとつ、諸外国に誤ったメッセージを送ってしまったことになる。