img_0654123日、参院予算委員会は日本経済・財政をテーマに野田佳彦首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。消費税増税関連法案の月内に提出しようとしている首相に対し、野党は意見集約をめぐる民主党内の混乱を厳しく追及した。また、政府は円高・デフレ対策など景気回復の取り組みも不十分だとし、増税よりも、まずは円高やデフレの克服を優先すべきだとただした。

ほぼ同意見である。が、その前に、政治家が身を削っていない!官僚も身を削っていない!とも感じた。おそらく多くの国民も同意見だと思う。