20081220170045

本日、政府は12月の月例経済報告で景気の基調判断を「悪化している」と下降修正しました。
今後の先行きについても、「急速な減産の動きなどが雇用の大幅な調整につながることが懸念される」との警戒感を示し、景気は「当面、悪化が続くとみられる」と厳しい見方です。
このような100年に1度といわれる経済状況の中、党としても経済対策に全力を傾注しているところです。
今回は政府に対し、「信用保証協会並びに金融機関に対し、12月30日までを正規営業日とし、原則としてその間の土日・祝日についても金融審査ないしは金融相談の応じること」を要請しました。
年末金融への対応に苦しんでいる中小企業者のニーズや相談・審査にきめ細かく対応するよう強く要請していきます。

写真は昨日の夕方に撮影。一番星が綺麗だったので撮ってみたのですが、写真にはあまり綺麗に写っていません。残念。