379-1

衆院本日午前中、財務金融委員会が開かれた。揮発油税(国税)の暫定税率などの期限を5月末まで延長する「つなぎ法案」の撤回を全会一致で議決した。憲政史上、委員会可決した法案を本会議で採決せずに取り下げるのは初めてとのこと。

ねじれ国会という事で、未知との遭遇的な国会が行われている。当然であるが、政治家は国民の事を第一に考えていかなければいけない。しかし、内側から見ても党利党略で動いているような、疑わしい人たちがいる。
こんなことが続いていたら、国民が政治家に対して、ますます不信を抱くであろう。腹立たしい。残念である。

写真は、国交省大宮国道事務所長の鹿野さんと上尾道路や圏央道について、また暫定税率について話している。
これから、清和会の定例総会なので詳細は後ほど。