372-1

今日は本当に寒い一日でした。風がとにかく冷たく、寒いというより痛かった。本日も夕方以降、新年会にいくつか参加させていただき帰宅する。先ほど、寝る 前の子供たちに会えて心が安らぐ。パソコンに電気を入れインターネットで今日の出来事をチェック。すると、私的にうれしい記事が掲載されていた。

読 売新聞によると、日本国民であることを誇りに思う人は93%に達し、「国の役に立ちたい」と考える人も73%に上ることが、年間連続調査「日本人」で明ら かになったとのこと。いずれも、過去の読売新聞調査と比べて最も高い数値。戦後60年余りを経た今の日本人の「国家意識」の高まりがうかがえる。と書いて ある。

詳細は、日本国民であることを「非常に誇りに思う」と答えた人は55%で、「少しは誇りに思う」は38%だった。「誇りには思わ ない」は6%に過ぎなかった。本社調査では同じ質問を1980年、86年、95年にも行っており、「非常に」「少しは」の合計は91%(86年)、「非常 に」は54%(80年)が最高値だったが、今回はいずれもこれを上回った。
「日本の国や国民について、誇りに思うこと」の具体的内容を複数回答 で選んでもらったところ、「歴史、伝統、文化」を挙げた人が72%で最も多く、「国土や自然」43%、「社会の安定・治安」「国民性」(各28%)などが これに続いた。86年の同様調査と比べると、「歴史、伝統、文化」が19ポイント増えた一方、「教育・科学技術水準」が22ポイント減の19%、「経済的 繁栄」が17ポイント減の19%に落ち込んだのが目立った。
「国民の一人として、ぜひとも国の役に立ちたい」との考え方については、「そう思 う」が73%だったのに対し、「そうは思わない」は20%だった。2005年の同様調査ではそれぞれ68%、28%で、国への貢献を前向きにとらえる意識 が強まったことがわかる。と書かれていた。

非常にうれしく思う。私が言うのも何ですが、日本は本当に素晴らしい国です。ただ、少しおかしな方向に進んでいるし、素晴らしい良き伝統・文化が消えつつあることが心配だ。でも、だからこそ、日本について考え学び、誇りに思える人が多くなってきているのでしょう。

この記事を読んで、ふとアメリカ大統領の歴史に残る名演説を思い出した。

1961年、アメリカの第35代大統領のジョン・F・ケネディの就任演説の有名な言葉である。

「Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.
-祖国があなたに何をしてくれるかを尋ねてはなりません、あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい-

確かケネディ大統領は就任は43歳だったと思う。若い大統領が、誤解を恐れず、国民に訴えた有名な言葉だ。

それから、半世紀近くが立つ日本でもこのケネディ大統領の言葉を、誤解を恐れず述べていきたい・・・・

ちょっとまとまらないのですが、明日早いのでお風呂に入って寝ます。