57-1

みなさんもご承知の通り、国民投票法案に関わる大事な委員会。憲法をどうするかは、国民自身が決めることである。その為の手続き法に反対するという事は、 国民に判断を委ねられないと言っているのに等しい。国民を信頼していない事になるのではないか。お家事情で国民の権利を奪ってはいけない。