先日も地震がありました。首都直下地震が想定されている南関東の地震活動が東日本大震災後に活発化し、地震の発生頻度は現在も大震災前の約3倍と高い状態となっています。専門家の話ではマグニチュード(M)7程度の首都直下地震が、いつ発生しても不思議ではないということです。ちなみに国はM7程度の首都直下地震の発生確率を30年以内に70%としています。

このような状況下でもしもの地震が発生したら・・・政治が進まなかった、財源がなかったではすまされません!東北地方の復興はもちろんのこと、国全体で早急な地震対策を行っていかなければなりません。

地震をなくす、予知するなど今の科学技術を駆使しても無理です。ですから地震に耐えられる強靭な国、ハード・ソフトの両面から至急行っていく必要があります。もうすぐ正式に発表される自民党のマニフェストにもその対処法が書いてあります。