昨日、仙石官房長官は記者会見で、菅総理はリーダーシップがあると盛んに擁護していた。その一つに、国営諫早湾干拓事業の開門調査を命じた福岡高裁判決に対し、菅首相が上告断念を表明したことについて、トップダウンによる政治決断をあげている。

自民党政権下での総理のトップダウンには、その前に関係閣僚やスタッフ、また党の幹部など一丸となり色々な情報を集め、根回しをした上で総理が最後にリーダーシップを発揮していた。

あの独断専行と言われ続けた小泉首相にしても、実は用意周到に準備された中でリーダーシップを発揮され、結果的にはそれがトップダウンになっていた。

しかし、今の民主党政権にそれを感じられない。おそらく、ないのでしょう。

普天間移設しかり、八ッ場ダムしかり、そして今回の諫早湾・・・

おもいつき、そして目先の選挙に有利か損かの判断だけで決断する政治。苦し紛れのトップダウンによる決断!?当たるも八卦当たらぬも八卦の運だめし政治が日本をめちゃくちゃにしています。