野田民主党政権による「提言政策型政策仕分け」が始まった。

今回の「提言型政策仕分け」は、今まで以上に見せかけだけのパフォーマンスに終わるだろうと思う。

野田首相は今までの事業仕分けを深化させた形としての「提言型政策仕分け」と言っているが、私から言わせれば、事業仕分けを骨抜きにしたものにすぎない。

なぜなら、今回の名称が示すように「提言」である。逆を言えば言いたい放題言うが(パフォーマンスはするが)それ以上は省庁任せで責任をもたない。

今までのように「廃止」の宣告すらせず、中長期的な選択肢を示すだけなのである。

これなら、今までの各審議会などで提言をまとめるのと何ら変わりがない。

これが「事業仕分け?」国民もすぐに気付くと思う。

事業仕分けではなく「事業しらけ」だ。