民主党の小沢一郎元代表は、インターネットの動画番組に出演し、野田佳彦首相が意欲を示している消費税増税について「(民主党は)消費増税しないと国民に言ってきた。行財政の抜本的改革はほとんどができていない。それをやらないで、お金がないから消費税というのは国民に対しての背信行為だ。僕は賛成できない」と述べた。また、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加問題をめぐる首相のあいまい発言について、小沢氏は「アメリカにしゃべることと国内で言うことを使い分けている」と指摘。「(アメリカの)目の前ではいいようなことを言って、国内向けにはまた違う言い方をするやり方は、アメリカからも信用をなくすし、国民からの信用も失う。『やる』というのなら『やる』とはっきり言えばいい」と述べ、野田首相を批判した。

同じ意見なので掲載しました。