野田首相は、仏カンヌのホテルで消費増税の道筋を問う同行記者団が衆議院解散について、増税の「法案成立の前ではいけないのか」と尋ねると、何で実施の前ではいけないのか」と逆質問したとのこと。

では、なぜか教えてあげよう!前回の選挙で4年間増税はしないと言って政権奪取したのだ。公約違反ではないか。国会で法案を成立させる信任を野田民主党政権は得ていない。

だから、衆議院解散は法案審議の前にすべきなのである。