ぶらさがり取材。聞いたことはあると思います。首相への取材形式のことです。かつては、記者団が官邸や国会で首相と一緒に歩きながら質問する形式のことだったそうです。それを小泉純一郎元首相から、立ち止まって質問に答えるという「ぶら下がり取材」の形が定着しました。

回数は小泉首相が原則1日に2回(1回の時もあった)行っていました。鳩山由紀夫元首相も1日2回。菅直人前首相になると1日1回に減ったうえ、最後の半年間は一切応じることがなかったそうです。

そして野田首相はどうか・・・

やはり、就任以来報道陣の要求にも一切応えず拒み続けています。

歴代首相が行ってきた「ぶらさがり取材」をどうしてここまで拒み続けるのか。

都合よく宣伝しやすい“視察パフォーマンス”を繰り返すだけでは国民は満足できません。そして、首相番記者は国民の代弁者です。その代弁者の質問を首相といえども拒み続ける権利はないはずです。