自民党の石原幹事長は、安住財務大臣が、パリで開かれたG20の財務相・中央銀行総裁会議で、消費税率を10%に引き上げる法案を来年成立させたいと発言したことを批判した。

「先の衆議院選挙で、当時の鳩山代表は『消費税は上げません』と、全然違うことを言っていた。『最低でも県外』と主張した普天間基地の移設問題や、子ども手当なども実現しておらず、全部うそっぱちだ」。

 

私も同意見です。民主党は4年間増税はしないと国民と約束し、選挙に勝ったのです。それが2年で約束を反故にしたわけです。国民にろくな説明もなしに、「来年までに消費税率を10%にする」と国際公約までしてしまった。

ここはやはり、衆議院を解散・総選挙し、国民の信を問いなおすべきです。

本当にここまでめちゃくちゃな政治は過去にあっただろうか・・・

もう一度、信を問いなおすことが日本再生への唯一の道であると思う。