野田首相は首相在任中、閣僚を含め内閣として靖国神社に公式参拝しない方針を表明している。これについて、小泉純一郎元首相は、批判した。「『靖国神社に参拝しなければ中国とうまくいく』なんていうのは関係ない」日中関係について「参拝しようがしまいがいまだに沖縄・尖閣諸島で摩擦が起こっている」

また、小泉元首相は靖国神社参拝に関し「戦争を美化しているわけでも反中国でもない。日本の首相が犠牲を受けた国民に哀悼の念を表すために参拝して何が悪いのか、いまだに分からない」と述べたといいます。