2010年度予算の概算要求から無駄を洗い出すいわゆる「事業仕分け」作業が話題になっているようです。話題づくりのパフォーマンスではなく国民のためになる、未来のためになる作業を行ってほしい。

 

友人から、先ほどお礼のメールが届きました。お礼と言っても悲しいメールです。告別式出席のお礼メールでした。

数日前にお嬢さんがご逝去されました。まだ17歳です。若すぎる死に、ご両親のご胸中を察するに胸がふさがる思いがいたします。

とても悲しく辛いです。人の命について、一生について、色々考えさせられました。

お嬢様のご冥福をお祈り申し上げます。そして、ご両親やご家族の皆さんに、どんな言葉でも悲しみを癒すことは出来ませんが、どうか天国の娘さんのためにもお気持ちを強くもたれ、またお体を大切になさいますようお祈りいたしております。

 

我々は生きていることに感謝し、一日一日を一生懸命生きていかなければいけませんね。