国会では代表質問が始まった。谷垣禎一総裁らが鳩山新政権の経済・雇用対策、日本郵政人事、首相の政治献金問題などを追及した。

責任野党として、国民のためにしっかりと追及してほしい。

 

それにしても、納得できないのは民主党が衆院で代表質問を見送ったこと。国民はたくさんの不安を抱えている。国会は唯一の立法機関であるのに代表質問をしないとは。

 

臨時国会の会期も短く、代表質問も見送る。

まるで、できるだけ活発な論戦をさせないようにしているようだ。