1. HOME
  2. 活動報告
  3. 愚かな首相!

活動報告

Report

愚かな首相!

菅直人首相は衆院予算委員会で、東日本大震災からの本格的な復興対策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案の編成時期について「被災地の自治体も7、8月ごろに復興計画を出す。地元の意見も踏まえながら考える必要がある」と述べ、8月以降にずれ込む可能性を示唆した。そして、これについて「拙速はいけない」と早く補正予算案を提出することに否定的な発言をした。

前にもブログで書いたが、それは違う。622日までの国会会期を延長して、2次補正を提出しないといけない。

被災者の苦しい生活を考えれば、延長して一日も早く提出すべきである。

菅総理のいうことは「被災者には来年まで生活復興はしない」といっているようなものだ。もう一度言う。被災者の生活資金に拙速すぎることはない!

現場の声を吸い上げて、一日も早く2次補正を提出すべきである。

なんで国会を早く閉会したいのか。この未曽有の大惨事に、国会を通常時のように閉めてしまう。2カ月も空白の期間をつくるとは・・・信じられない!

会期を延長すると色々な問題がでてきて追及され政権が危ないからか。

党利党略、内閣延命のために閉会してしまう。たまったもんじゃない!

最新記事