1. HOME
  2. 活動報告
  3. 14年長生きする習慣

活動報告

Report

14年長生きする習慣

361-1

12月~1月と忘年会や新年会などお酒を飲む機会が多い。また、食事のバランスもくずれている。こんな職業だから、できるだけ、健康には気を使っている し、家内も食事を気にしてくれている。そんな中、英国のケンブリッジ大研究チームが米医学誌に8日発表した論文によると、4つの習慣をしているひとは、し ていない人の平均14年長生きするとの結果を発表した。

チームは、英南東部の45歳から79歳の健康な住民約2万人を対象に、1993年から97年にかけて健康調査を実施、2006年までの死亡率と生活習慣との関係を解析した。

その結果①喫煙しない②飲酒はワインなら1週間にグラス14杯まで③1日に最低こぶし5つ分程度の野菜、果物を取る④1日30分ほどの軽い運動をする

以上の習慣がある人は、4つともない人より、同年齢で病気による死亡率が4分の1と低く、14年分の寿命に相当することが分かったそうだ。

そして、特に、習慣と最も関連するのは心臓や血管など循環器系の病気だという。
ケンブリッジ大研究チームは「ちょっとした良い習慣の組み合わせが、長生きにつながる」としている。

私はこれを知って以下考えた。

① タバコは吸わないが、回りは吸う方が非常に多い②飲酒は、ほぼクリアかな③最低こぶし5つ分程度の野菜、果物!?現実的に可能だろうか。家内特製の野菜 ジュースは毎日飲んでいる。④通勤や国会ではほとんどエレベータを使用しないので、合わせれば何とかそのくらいの運動量にはなるのかな?

みなさんはいかがでしょうか?

最新記事