1. HOME
  2. 活動報告
  3. 93歳の先生

活動報告

Report

93歳の先生

20090203110449衆議院は、テレビ中継の予算委員会はじめ本格的に稼動し始めました。

ただ気がかりは、参議院。野党の審議拒否により、とっくに衆議院を通過した2次補正が未だに1回も開けないようです。

世界的な、しかも急激な景気後退のため1月5日開会という異例の早期国会開会の意味がないです。党略とはいえ、景気の足を阻むのはよくないです。

 

写真は、埼玉県遺族連合会の新年会で開会の挨拶をしている、93歳の宮下タケノ先生(副会長兼女性部長)。

本日午前中に浦和のホテルにて盛大に行われました。

宮下先生は高齢者と感じさせない若々しくパワフルな方です。

公私にわたり、いつもお世話になっています。色々ご指導いただき感謝、また尊敬しています。

 

来賓挨拶で私は、「今の日本の礎を築くため、尊い命を犠牲にされた方々を決して忘れてはならないこと。また、戦後歪められた教育のために、あらゆる面がおかしくなってきた社会を立て直すこと。人と人とが信頼できる社会を創ることが御霊の供養にもなる」と述べました。

 

今日は節分ですね。大豆には昔から霊的な力が宿るといわれています。邪気や厄の象徴とされ鬼を大豆で追い払う。旧暦で立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な日。新年に幸せな事がたくさんある事を願い豆をまくそうです。

日本古来からの行事。今夜は、我が家でも行う予定です。

最新記事