1. HOME
  2. 活動報告
  3. 250%

活動報告

Report

250%

国際通貨基金(IMF)が、日本の債務残高の対国内総生産(GDP)比率は、2015年に主要国や新興国のなかで最悪の250%に達すると予測した。また、IMFは、増収策が必要と消費税引き上げの必要性に言及している。指摘を無視するわけではないが、大事な事は国民が引き上げに納得できるかどうかが大切。そのためには、無駄遣いは無くなったか。不必要な隠し財産はないか。税制改革をすることにより、未来はどうなるかを丁寧に説明・実行が必要です。

最新記事