1. HOME
  2. 活動報告
  3. 麻生総理のメルマガ創刊号

活動報告

Report

麻生総理のメルマガ創刊号

aso_pos01y今家に帰ったら、麻生総理のメルマガ創刊号が届いていました。

掲載します。



[日本の底力]
今年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎さん、益川敏英さん、小林誠さんが受賞されることになりました。

日本人によるノーベル賞の受賞は、6年ぶりの快挙。明るいニュースに、さっそく、お祝いと感謝の電話を差し上げました。

「科学にロマンを持つことが非常に重要だと思う。あこがれを持っていれば、勉強しやすいと思うんですね。」

益川先生からは、今の若い人たちへの力強いメッセージをいただきました。何事にも、明るく、前向きに、取り組む姿勢。日本人の強さの源は、ここにあるんじゃないかと思います。

日本人は、その底力にもっと自信を持っていい。日本は、「強く明るく」あらねばなりません。メルマガは、正式には今日が創刊号ですが、そうした私の思いを、毎週皆さんに発信していきたいと思います。

他方で、経済に目を向ければ、地方をはじめ、景気は大変厳しさを増しています。何よりも、国民の生活に対する不安を取り除きたい。まずは、先般とりまとめた「緊急総合対策」をすぐに実現しなければなりません。

そのための補正予算が、昨日、衆議院を通過しました。次は、参議院での審議ですが、一刻も早い成立を目指します。

今週、日経平均株価が4年10ヶ月ぶりに1万円を切りました。1ドル100円を切るような円高も進んでいます。

海外に比べると、日本の金融システムは健全ですが、アメリカの深刻な金融危機に端を発し、今後、実体経済への影響も大変懸念されます。経済情勢の推移を注視しながら、適切な対策をしっかりと講じてまいります。

この他にも、重要な政策課題がたくさんあります。国会の場で、正々堂々と議論を行い、スピーディーに結論を出していきます。



これはまさしく総理自ら書いてメールですね。
これほど多くの日本人がノーベル賞を受賞する快挙。本当に元気が出ますね。
昨夜、ノーベル化学賞の受賞が決まった下村脩米ボストン大学名誉教授は日経新聞の取材に対し、
自らの研究が成功したことについて「神様が味方してくれた」と振り返り、「行く先々で素晴らしい先生に出会えた。偶然が重なり、海ほたる、クラゲの順に研究できたことも幸運だった」として、周囲への感謝の言葉を口にしたそうです。

長期間の挫折の繰り返しなど大変な苦労を一語ともいわず、神様や他人に感謝する姿勢。
すごい!
世界的に景気が危うい中ですが、日本人に元気と勇気を与えてくれました。私も受賞されたみなさんに、心から祝福と感謝をしています。

最新記事