1. HOME
  2. 活動報告
  3. 量的緩和

活動報告

Report

量的緩和


2011-07-31-114051戦後最高値に迫る円高進行が、日本経済に影響を与えています。このまま円高傾向が続き、増税しようとしている我が国の経済はさらに悪化するなる可能性が大です。

日本の金融緩和はいつも不十分。日本も米国のように大胆に量的緩和をする時期にきている。

円高は米国だけのせいではない。日銀の責任は重い!

 

写真は事務所の緑のカーテン。こんなに大きなゴーヤが育っています。


最新記事