1. HOME
  2. 活動報告
  3. 適切な情報開示

活動報告

Report

適切な情報開示

483-1

483-2

渡辺喜美金融担当相は昨日会見で、今月中旬から大手行など金融機関の08年3月末の決算発表が始まることを踏まえ「米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)関連だけではなく、ほかの証券化商品の損失についても適切な情報開示をするのは当然だ」と述べた。
 そのうえで「(どう発表するかは)経営判断だが、(市場の)疑心暗鬼を生まないことが大事だ。日本の金融機関は欧米に比べて(損失額の)ケタが一つ小さいが、警戒水域は維持していきたい」とも語った。

徹底した適切な情報開示は当然のことだと思う。来週、渡辺大臣に金融に関する質問をするかもしれない。このあたりについても質問したい。

最新記事