1. HOME
  2. 活動報告
  3. 給料が2倍以上

活動報告

Report

給料が2倍以上

日本の名目GDPが中国に抜かれる。

その主な理由は、中国の驚異的な成長による事が大だが、それと同時に、日本はこの20年間少しも成長していないことによるものだ。

中国の名目GDPは20年前は日本の1割強しかなかった。

その間、中国は急成長を続けているが日本は、全く成長していない。

それでは抜かれるに決まっている。

その他の国はどうか。

ちなみにG7の他の先進国の平均名目GDPは、この20年間、年率4~5%の成長だった。

仮にG7の他の先進国と同じ経済成長率であったら、日本はどうなっていただろう。

20年前のわが国の名目GDPは474兆円。それが、1028兆円となっていた。

 つまり、給料は2倍以上になっていた計算になる!

 日本の場合、他の先進国と違う構造上の問題のせいにする人も多いが、私には言い逃れに聞こえる。

なぜなら、日本ほどではないものの、西欧などの先進国も少子高齢化の問題はある。

人口減少を理由にする人もいるが、人口増加率と1人あたりGDP成長率の相関性はほとんどないという結果も出ている。

やはり、日本の金融政策に問題があるのではないかと思う。

最新記事