1. HOME
  2. 活動報告
  3. 第76回自由民主党大会

活動報告

Report

第76回自由民主党大会

20090118094747本日、党大会が高輪グランドプリンスホテルで行われた。 

麻生首相は「経済危機にきちんと対応策が示せるのは、数ある政党の中で自民党しかありえない。全治3年というが早ければ早いほどいい。まずは景気対策に全力を挙げる。私も先頭に立ち選挙、経済対策、不況克服に向けて全力を挙げる」と意欲を示した。また、政治改革の必要性についても触れ、衆参両院のねじれ20090118095806現象による意思決定の遅れが政治の機能低下を招いているとして、「衆参で似通った選挙制度の見直しも必要だ」とのべ党内で議論を進める考えを示した。

そして、細田博之幹事長は「わが党は立党以来最大の危機が続いている。しかし、野党による政権交代は幻想に過ぎない。党の総力を結集し、次期衆院選を堂々と戦い勝ち抜く」と表明。民主党のマニフェストに対しては「首をかしげざるを得ない。具体論がなく、観念論ばかりで政権を取ってから政策を考えるという無責任な政党にまかせることはできない」と強く訴えていた。

最新記事