1. HOME
  2. 活動報告
  3. 租税特別措置法改正案

活動報告

Report

租税特別措置法改正案

福田康夫首相は、揮発油(ガソリン)税の暫定税率の10年間維持などを盛り込んだ租税特別措置法改正案について、与党に修正案のとりまとめを急ぐよう指示したとのこと。福田首相の指示を受け自民、公明両党は本日夜、各々の政調会長が東京都内のホテルで協議し、民主党とも十分合意できる案を策定することで一致した。
暫定税率の期限切れが31日に迫り、与党側が修正案をまとめ野党に協議を持ちかける方針に転じたことになる。
時間があと少ししかない。国民が納得のいく修正案を作らねばならない。民主党はあくまで混乱させ、その責任を与党に負わせ、解散総選挙にもっていきたいのであろうが、今の世界の状況で選挙どころではない。
さきほど、メールが来ていてた。私の友人で後援会の大幹部である。内容は、年金便が届いて、そのめちゃくちゃさに驚いている。サラリーマン時代の頃が一切ぬけていて、しかも名前の漢字が違っていたとのこと。
いかに社会保険庁の事務がめちゃくちゃかがわかるとお叱りをいただいた。しっかり社会保険庁(国)に伝えていきます。

最新記事