1. HOME
  2. 活動報告
  3. 白川日銀総裁の記者会見内容

活動報告

Report

白川日銀総裁の記者会見内容

621-1

本日、白川方明日銀総裁は記者会見を行った。

ポイントをまとめると

米国の金融危機について「問題解決に険しい道のりが続いている」と指摘。

米保険大手AIGが公的管理に入るなど、米金融当局の一連の政策運営については「対応が進んだ」と評価。

しかし、危機の引き金となった住宅価格の下落が続き、「金融機関の損失処理にめどが立たない」と警戒感を示す。

日本の金融機関への影響は、「損失が発生する可能性はあるが、期間収益で吸収が可能な範囲内」との見通しを示す。

日本の景気については先月に続き「停滞している」との判断。

海外経済の減速で輸出の鈍化が鮮明になっていることから、設備投資の判断は「足元でいくぶん減少している」に弱めた。

米国発の金融混乱が世界経済の下押し要因になるような場合、日本の景気の回復時期も遅れる可能性がある。

物価について「上振れリスクに注意が必要」と強調。

写真はターバンを巻いた中根?ではなくて夜の9時過ぎに床屋さんにて撮影。

最新記事