1. HOME
  2. 活動報告
  3. 熱中症にはご用心!

活動報告

Report

熱中症にはご用心!

564-1

564-2

写真は先日鴻巣市の夏祭りの際に撮影。一番暑い時間帯に中山道を原口鴻巣市長他さんたちとパレード。

しかし、毎日暑い!

このパレードを原口市長は約2時間かけて行ったという。私は次の日程があったにで1時間位でパレードをやめた。

それでも、その夜は頭痛に襲われた。

後日、原口市長にあったので、こないだは大丈夫でしたか?と尋ねると

「途中、休憩中にビールを一口飲んだだけで、足がぐらつき、最後のほうは大変だった」とのこと。

水分補給もビールは逆効果。新聞によると今年はこの暑さで熱中症になる人も多いという。十分水を取って気おつけてほしい。

産経新聞に熱中症の記事がでていたので掲載します。参考にしてください。

熱中症 侮らず予防意識高めたい 

梅雨が明け、日差しが強烈さを増している。気をつけなければならないのが熱中症だ。体が気温の上昇に慣れていないとかかりやすい。直射日光を避け、こまめに水分を補給するなど予防を忘れてはならない。

炎天下でスポーツや作業をしたり、気密性が高く、暑い部屋の中や車内に長時間閉じこもったりすると、熱中症にかかる危険性が高くなる。命を落とすケースも珍しくない。厚生労働省の統計によれば、毎年200人から400人が死亡している。
 
とくに体温の調整機能が弱く、体力のない高齢者や幼児は、細心の注意が必要である。熱中症を侮ってはならない。
 
症状としては、高温多湿のなかで体温の調節ができなくなり、脱水、けいれん、頭痛、吐き気、めまい、血圧低下、意識障害、虚脱状態、昏睡(こんすい)を引き起こす。

医学的に熱中症は、
(1)運動で足などがつる熱けいれん
(2)皮膚血管が拡張して血圧が下がって失神したりする熱疲労(3)体内の熱の放散が妨げられる熱射病-の3つに分類されている。
 専門家によれば、いずれも体を涼しい場所で休ませ、適度に水分を補給する手当てが大切だという。たとえばボタンを外して衣服を緩め、風通しの良い日陰を探して安静にさせる。意識がはっきりしていれば水分の補給を行う。
 
発汗で電解質も失われている。スポーツドリンクや少量の塩を含んだ水を飲むのも効果的だ。ぬれたタオルや冷却剤を太い血管のある首やわきの下、鼠蹊(そけい)部に当てて冷やすと体温は下がりやすい。
 
嘔吐(おうと)や意識障害がみられる場合は、輸液や人工呼吸、心臓マッサージが必要になることもある。こうしたケースでは、なるべく早く医療機関に運ぶべきだ。
 
熱中症にかからないためには、日ごろから体調を整えておくことが肝心だ。とくに睡眠不足や暴飲暴食、二日酔いは避けたい。
 
梅雨が明けると、日中の気温が30度以上の「真夏日」や35度以上の「猛暑日」、それに夜間の最低気温が25度以上の「熱帯夜」が続くことになる。都心では気温が周辺部よりも高くなるヒートアイランド現象が起きる。
 
夏休み中の部活動では生徒の体調管理が欠かせない。自治体も健康弱者には十分な気配りが必要となる。なにより各人がまず予防の知識と意識を高く持つことだ。

最新記事