1. HOME
  2. 活動報告
  3. 決断できない政府

活動報告

Report

決断できない政府

産経新聞の記事によると、北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」打ち上げを予告したことに関し、対処をめぐって田中直紀防衛相ら閣僚の発言がぶれているそうだ。大変心配している。

田中防衛相は参議院予算委員会「自衛隊法に基づき首相の承認を得た上、弾道ミサイルなどの破壊措置を命ずることを考えている」と述べ、上空を通過する可能性が高まった場合、地対空誘導弾パトリオットなどで迎撃する方針を表明した。

しかし、その後は「この事態が現実のものになるのかを調査している」などと曖昧な答弁に終始。見かねた石井一委員長が玄葉光一郎外相に補足答弁を促した。

玄葉氏は「沖縄などの南西諸島上空を通過する可能性は排除されない」との見方を表明。「防衛相はいろいろ考えているが、最終的に内閣全体として判断していく」とも述べ、田中氏をけんせいしたという。

ところが、今度は藤村修官房長官が記者会見で「必要と判断される場合は所要の配備を行う」と破壊命令の検討に言及した。

政府内が北朝鮮の威嚇に右往左往している内実を世界に明かす結果となっている。民主党政権になり、安全保障の問題もガタガタになっている。本当に大変なことです!

最新記事