1. HOME
  2. 活動報告
  3. 是非、聞きたい!

活動報告

Report

是非、聞きたい!

635-1

635-2


昨日の麻生総理の所信表明演説に野党が猛反発しているとか。

しかし、景気の問題はじめ緊急を要する事態の中で「ねじれ国会」を打開するための麻生流の必死な演説だったと思う。

福田前首相があれほど(自分の主義主張もおさえて)低姿勢で根気よく野党の対話を大事にしても、これまでのような野党の対応により、遅遅として進まない国政の状況を何とか打開すべく、異例の質問演説になったのではないかと思う。

明日の小沢代表の代表質問(答弁)を聞きたい。(今までのように逃げず無視せずでお願いしたい。)

麻生総理は前通常国会での民主党の国会対応を

「政局を第一義とし、国民の生活を第二義とする姿勢に終始した」と断じた。

これについてどう答えるのか。

そして、麻生総理は合意形成のルールを打ち立てるべきだとの考えを示し「民主党にその用意はあるか」とも問いかけた。

これについても聞きたい。

来年1月に期限が切れる給油活動に関して反対してきた民主党の見解について尋ねた。

消費者庁創設の賛否についても尋ねた。

これらどう答えられるのか。是非聞きたい。きっと多くの国民も聞きたいと思っているはずだ。

写真は前日地元にて桶川青年会議所の35周年記念事業。祝賀会にて

最新記事