1. HOME
  2. 活動報告
  3. 明るい爽やか好青年

活動報告

Report

明るい爽やか好青年

式町水晶(しきまち みずき)さんにお話を伺う機会がありました。
水晶さんは3歳の頃小脳が小さい「小脳低形成」という脳性まひと診断されました。手に軽度、足に中度の機能障害があり、筋肉が常にこわばる。長く歩けず転びやすい。そして、目の病気で失明する危険も一生背負うそうです。
リハビリの一環としてバイオリンを初め、自身の障がいと闘いながら不断の努力により2018年21歳でメジャーデビューを果たします。
私と話す水晶さんは、今までの苦労を全く感じさせない、明るくてさわやかな好青年でした。
きっと、私には想像できない多くの苦労が過去も現在もあると思います。それを全く感じさせない前向きな彼に私は感動しました。
実は、私の友人の誘いで当初は水晶さんを激励しようと企画したのですが、我々が水晶さんから元気をたくさんもらってしまいました。ありがとうございました。
コロナ禍で活動がほとんど出来なくなっていると思いますが頑張って下さい!
1日も早く思いっきり活動ができる社会を取り戻すために頑張ります。

最新記事