1. HOME
  2. 活動報告
  3. 新型インフルエンザ問題

活動報告

Report

新型インフルエンザ問題

1111本日、衆院厚生労働委員会にて新型インフルエンザ問題について集中審議が行われた。

 舛添要一厚労相は新型インフルエンザが世界的大流行になる確実性が極めて高くなったとの見通しを示した。

 わが国の対策は、インフルエンザパンデミック警戒レベルがフェーズ4に引き上げられた段階で、すでに「新型インフルエンザ」と位置付け、検疫体制の強化、保健所への相談窓口の設置など、国・自治体をあげて必要な対策を講じている。

 

今後も水際対策と徹底は勿論、国内で発生した場合に備え、発熱外来の設置準備やワクチン製造などを確実に実施する必要がある。

 2222新型インフルエンザも早期に発見し、早期に治療すればタミフル、リレンザが有効だという。不調をきたしたら、まずは保健所に電話する。そして冷静に指示に従い行動していただきたい。

最新記事