1. HOME
  2. 活動報告
  3. 救国への第一歩

活動報告

Report

救国への第一歩

東日本大震災という戦後最大の国家的危機の中、今こそ政治の総力を結集して被災地の復興と新しい日本の創造に向け迅速かつ果敢な対応が求められている。しかし、国政の現状を見ると震災前と変わりのない状況が続いている。やはり現政権の対応に幾多の問題点があるのであろう。普通であれば、このような国家非常事態の折りに、誰も政局騒ぎで時を費やすことは望まないだろう。

にもかかわらず、与野党を問わず多方面から退陣を迫られる理由を、菅総理はどの様に受け止めているのだろうか?

総理は「一生懸命やっている」と言うが、各世論調査でも、内閣支持率は低迷を続けている。言葉だけで「野党の皆さんにも協力をお願いしたい」とくり返すだけでは何事も進展しない。総理は、寄せられる批判をもっと謙虚に受け止め、自らにもその原因があると反省し、誠意のある協力要請をなすべきである。

どうしてもその発想に立てないのなら、菅総理が一刻も早く退陣を決意することこそが、救国への第一歩となると思う。

最新記事