1. HOME
  2. 活動報告
  3. 政治のつけを国民に回す結果となった事、お詫びします。

活動報告

Report

政治のつけを国民に回す結果となった事、お詫びします。

441-1

写真は本日午前中の自民党国体委員会。大島ただもり国体委員長が今までの経過。そして、今日一日となったが最後まであきらめずに頑張ろうと話している。

先ほど、福田首相は首相官邸で記者会見した。読売新聞社がまとめた会見要旨を以下、記載する。

【謝罪】

歳入のうちガソリン関連の税制関連法案は成立しない異例の事態となった。政治が本気になれば防ぐことはできた。地方財政や国民生活の混乱を防げなかったのは残念だ。政治のつけを国民に回す結果となったことを心よりおわびする。

【08年度の暫定税率】

暫定税率を廃止してガソリン税を引き下げる民主党の主張について、日本の現状、将来を考えて譲るべきではないと考えた。廃止すれば、道路建設などに必要な財源が失われ、地方自治体によっては福祉や教育など住民サービスの見直しにつながる恐れも生じる。ガソリン価格の引き下げだけを主張し、人気取りに走るのは簡単だが、子や孫の世代の将来のためにも暫定税率の維持をお願いしたい。

【道路特定財源の一般財源化】

「本当にそんなことができるのか」という意見もある。しかし、国民のための改革に反対する人がいるか。自民党の立党宣言にあるが、「政治は国民のもの」という原点が共有される限り、結論は自ずと明らかだ。

【混乱回避策】

ガソリンスタンドにおける混乱や地方の財政運営への支障を生じることがないよう、必要な措置を講じるべく、関係閣僚に指示した。直ちにできるものは措置し、必要があれば追加的な措置も講じる。

【与野党の党首会談】

私は申し入れたいが、中身も考えなければいけない。良い結論が得られるなら、喜んで会談したい。

【衆院での再可決】

税率が下がれば、その分だけ財政に穴が開く。開けておいていいのか。赤字国債発行もあるが、財政状況を考えれば時期ではない。

【09年度以降の税率】

環境問題、社会福祉(の支出)が年々増加する状況を考えて、今の暫定税率水準が来年も維持される可能性が高いと考える。

【ねじれ国会の打開策】

日本の国民に何がいいかを国会全体で考えて頂きたい。解決には、話し合いでお互いによりよい方向を探ることだ。(民主党が)非常に限定的な政策を打ち出し、寄り付く島もないのは決していい状況ではない。

最新記事