1. HOME
  2. 活動報告
  3. 改革路線の守護神?

活動報告

Report

改革路線の守護神?

446-2

中川先生のブログに「自民党若手・中堅議員は改革路線の守護神」とほめていただいたので掲載します。以下日経に大林尚・編集委員が「『官僚内閣制』脱却の礎に」を基に中川先生が書いています。
「日本は議院内閣制を採用している。政府つまり内閣が国民の負託を受けた国会の信任によって成り立つ統治体系だ。そこでは内閣が官僚に指示を出し、政策を立案させて国会に諮る。現実はどうか。霞が関の官僚が国会議員と内閣の構成員である閣僚に同時に働きかけ、省益を実現しようとする『官僚内閣制』の面が強い。
たとえば道路特定財源の一般財源化の試みがこれまで何度も頓挫したのも、官僚内閣制に一因がある。国土交通省の道路官僚にとって道路族議員と国交相は強い味方。閣僚は官僚の利害を代弁しがちになる。一般財源にすると語る首相を国民が信じにくいのは、内閣主導の政策決定体系が弱まった事実を知っているからだろう。
現政権が目指す国家公務員制度改革は、官僚内閣制を打ち破る第1歩と位置づけられる。首相官邸を名実ともに政策の司令塔にするために国家戦略スタッフを置く。現在の内閣官房の機能を強めるイメージだ。小泉政権以降はこの考え方が部分的に取り入れられた。福田政権では年金、医療の制度改革を担う社会保障国民会議の事務局がそれに当たる。首相が与党から補佐官を任命し、補佐官は自らを支える官僚を財務、厚生労働省などから集めた。官邸の政策遂行力を高めるためにも、民間の人材も含めて首相が存分に生かせる体制を築くことが真の議院内閣制を築くための鍵を握る。
公務員バッシングのなかで、やる気を失いサボタージュに走る官僚が増えている。キャリア制度の廃止や幹部人事の一元管理は、官と民の間でも開かれた人材競争が始まることを意味する。改革によって公務員が持てる力を十二分に発揮できる体制を整えることが重要になり、優秀な官僚を使いこなす政治家の力量も試される。曲折を経て改革法案を国会に出す段取りは整った。議論の舞台は立法府に移る。政権を取ったときに、この改革が自らの政策基盤を固めるのに有効か否か。民主党はその視点でもよく考えて審議に臨んでほしい」
―中川の眼―
今日、キャリア制廃止や内閣人事庁設置を盛り込んだ国家公務員制度改革基本法案が閣議決定された。福田政権において、明治27年以来、114年ぶりの官僚制度の歴史的大改革の第1歩が踏み出されたのである。氏が指摘するように「官僚内閣制を打ち破る第1歩と位置づけられる」のである。
霞ヶ関の多くの改革派官僚は今回の法案の閣議決定をびっくりしていることだろう。小泉政権でさえも、「発射台は高く、着地点は現実的なラインで」というのが常識だったからだ。私の耳にも、そうした妥協案らしきものが聞こえてきたが、一切必要ないと受け取らなかった。今の自民党は、「発射台は高く、着地点も高く」しか通らない。着地点を低くしたら、中堅・若手議員が納得しない。時代は改革に向けて加速しているのだ。
この法案には「議院内閣制」という文言があるが、法律に明記されるのは今回が始めてである。法案作成過程では、霞ヶ関には「議院内閣制」という文言を入れることに猛烈な抵抗があったと聞く。そうした人々にとっては、日本の内閣は議院内閣制ではなかったのであろう。
これに象徴されるように「オール霞が関」との戦いだった今回の法案づくりが成功したのは、奇跡に近いような出来事である。渡辺行革担当大臣の熱意、これを良く理解している福田総理の粘り強く固い信念、そして、党側でそれを受け止めた行革本部と国家戦略本部の幹部のみなさんの努力による。心から敬意を表する。
しかし、民間の常識と霞ヶ関の常識があまりにもずれているということを次々に、国家戦略本部総会等で主張した多くの中堅・若手議員の功績を忘れてはならない。彼らのエネルギーが霞ヶ関抵抗勢力の戦意を喪失させたのだ。「抵抗ライン突破」のエネルギー源となった中堅・若手議員のみなさんにも心から感謝の意を表したい。
私がみるところ、いまや、自民党中堅・若手議員を中心に約7割が「改革路線の守護神」となっている。中には「改革アパッチ」「改革ベトコン」と呼んでいいようなグループもある。しっかり勉強していて筋が通った議論をしていて、頼もしい限りである。だから、反改革路線は、自民党の「ヒラバ」といわれる全員参加型の総会を簡単に通過することはできない。
そうした議員は05年の郵政総選挙で民意が示した「郵政民営化を入口とした小さな政府路線」を忠実に推進している。それが与党に衆院の3分の2以上の議席の使命だからである。
明治以来の官僚内閣制を脱却して、真の議院内閣制に改める歴史的大改革の1歩が踏み出されたのであるが、問題は、民主党の対応である。まさか、この歴史的大改革に反対することはないと思うが。1月28日の衆院予算委員会で、菅代表代行が、渡辺行革担当相にエールを送り、「本来の議院内閣制」を強調しているからである。
そもそも、官僚内閣制の脱却は民主党の党是であるからだ。その党是を遂行しようとしている福田政権を倒すという民主党の大義名分はどこにあるのかとなる。道路特定財源の一般財源化も民主党の党是なのに、その党是を遂行しようとする福田政権を暫定税率の再引き上げで解散に追い込もうというのは矛盾そのものである。
一説に、民主党内には通常国会最後の2ヶ月は、参議院で問責決議を出した上で全面的に国会審議を空転させるとの戦略が考えられているということだ。つまり、9月の民主党代表選挙までは政治を停滞させるという戦略だ。それは国家公務員制度改革基本法案を葬り去ることを意味する。
いつまでそんな党内抗争の派利派略優先の政治機能不全を続けるのか。霞ヶ関主導から政治主導に転換する改革を進めるのか、改革に水をさすのか、民主党の霞ヶ関改革のスローガンの真価が問われる国会となる。

ー中根コメントー

素直にうれしかった。頑張る気持ちになりました。

写真は地元のイベントに参加しているときに。また、子供たちを実家に連れて行き、その際、祖母がオルガンを弾いているところ。

最新記事