1. HOME
  2. 活動報告
  3. 情けない。

活動報告

Report

情けない。

472-1

今日は昨日の国会について細かくお伝えします。
昨日の衆院本会議の冒頭、河野洋平議長は「会議を始める前に一言申し上げる」と語り始めた。「民主党議員によると思われる妨害で、議場に入れなかった。かかる行為ははなはだ遺憾だ」。
与野党国会議員の中で最も良識的な政治家である河野洋平議長が異例の「苦言」を呈したことの意味は重い!

 開会前に、民主党の衆参両院議員が議長室前の廊下を占拠した。
開会は午後1時の予定。我々も議長が本会議場に入れないと会議が始らないということで救出すべく、11時には議長室前に到着。

しかし、すでに民主党議員が占拠している。

それから2時間ドアの前で陣地の取り合い。

騒ぎまくる野党。とても冷静に話せる状況ではない。異常な状況。プラカードをテレビカメラのあるほうに向け、我らがヒーローだといわんばかりに、叫んでいる。

与党はあきれている。「なぜ、こんな事にエネルギーをつかわなければいけないのか。」「パフォーマンスもいい加減にしろ!」

午後1時、開会のベルが鳴る。しかし妨害により議長は部屋から出られない。

それから約1時間、自民・民主ともみあい。

議長は隙を見て衛視と共に日頃使わない別のドアから本会場に入る。
議長室より脱出。
会議はじまる。

民主党は全員欠席!

書いている私も、こんな国会状況をブログとして書くことに情けなくなるが、事実なので書いている。

中川先生が述べていたように
「民主主義の基本はルールを守ることだ。国会議員が平然とルールを破り、どんな暴力行為も「愛国無罪」だと主張しはじめたら、民主主義は成り立たない。国会議員の武器は「言論」であり「肉弾」ではない。民主党の「紅衛兵」議員に断固抗議する。」

まさにそのとおりだ。私も断固抗議する!

最新記事