1. HOME
  2. 活動報告
  3. 平和と安定を損なう行為

活動報告

Report

平和と安定を損なう行為

002020本日の本会議で、北朝鮮が「人工衛星」名目で弾道ミサイルの発射準備している問題について、発射の自制を求める決議を全会一致で採択した。

決議の内容は、北朝鮮のミサイル発射の動きを「我が国のみならず北東アジア地域の平和と安定を損なう行為として、断じて容認できない。断固たる抗議の意思を表明する」と非難し、自制を強く要求したものである。

 

麻生首相は採択を受け、「(ミサイル発射は)国連安保理決議にも反するものだ。発射を強行した場合は、まずは国連安保理でしっかりと取り上げたい」と述べていた。

 

いろいろな情報が飛び交うが、近隣国や米国と強調し、冷静に、そして断固とした対応をとっていくべきである。

最新記事