1. HOME
  2. 活動報告
  3. 小泉元首相の話

活動報告

Report

小泉元首相の話

小泉純一郎元首相が「政権交代」について以下のように話したという。

「昨年の政権交代は良かった。約50年近く政府といえば自民党。国民も飽きる。評論家もメディアも自民党を批判すればよかった。国民も最近は、与党になった民主党に対し、政権の座にある難しさを感じているのではないか。

私は首相の時、日米関係がよければよいほど中国、韓国など世界各国と良い関係を築けると言った。評論家やメディア、野党から「小泉は対米一辺倒だ」と批判された。

今の民主党政権はどうか? 鳩山由紀夫氏も、菅直人氏も首相になり、日米同盟がいかに重要か分かった。マスコミも菅政権、鳩山政権を「対米一辺倒」と批判しない。これだけでも政権交代してよかった。」

 

小泉元首相らしい、わかりやすく、奥の深い発言だと思う。そういえば、これらの件に対する評論家やマスコミの意見は聞いたことがあまり無い。

最新記事