1. HOME
  2. 活動報告
  3. 大阪府の橋下徹知事

活動報告

Report

大阪府の橋下徹知事

090115_205401大阪府の橋下徹知事。定額給付金について当初「受け取りません」としていたが「受け取り、使い切ります」と述べたとのこと。

 

理由は?

 

以下、読売新聞の記事をそのまま掲載させていただきます。

 

大阪府の橋下徹知事は14日、記者会見し、政府の定額給付金を受給した府民から寄付を募り、海外の子どもたちとインターネットで交流するためのパソコンなどを小中学校に導入する構想を明らかにした。

橋下知事は「(定額給付金を)配って終わりじゃなくて、有効活用してみませんかとプランを示すことも行政の役割」と述べた。定額給付金は1人あたり1万2000円(6090115_2055015歳以上と18歳以下は8000円上乗せ)が支給され、府全体で1400億円程度になる。

会見で橋下知事は「5万円のパソコン2台とカメラで15万円。子ども1人2万円の給付金のうち5000円を30人学級で持ち寄れば、設置できる。あとは行政の腕の見せ所で、海外の学校とつなぐこと」と話した。

 

どうでしょうか。以前、私のブログでも書きましたが、やるきになれば橋本知事のように各自治体で色々なやり方ができるのです。このように英知を結集すればいろいろなことが出来るのが定額給付金です。

 

写真は、本日私の友人のお店で食事しました。昨年オープンの鉄板焼きのお店ですが、写真の通り大変繁盛しています。一安心。

 

最新記事