1. HOME
  2. 活動報告
  3. 国際緊急援助隊

活動報告

Report

国際緊急援助隊

488-1

488-2

中国の四川省で大地震がおきた。被災者1000万人、死者5万人を超えるのではないかという。最悪な事態だ。

一方、地震の影響で、震源地に近い都江堰市のダムなど複数のダムで決壊の恐れが出ているという。ダムが崩壊すると2次災害、3次災害と、さらに最悪なことになる。

中国政府は15日、日本からの人的援助受け入れを表明した。これを受け、日本政府は待機していた、国際緊急援助隊約60人を現地に派遣する。

第1陣の31人が同日午後、成田から北京に出発した。第2陣約30人も16日に出発予定で、生き埋めとなった被災者の救助などにあたる。政府はさらに、医療チーム約20人の派遣も検討中だ。

救助のタイムリミットとされる72時間を経過したが、1人でも多くの苦しむ人を全力で助けてほしい。
一人でも多くの方々の救出、被災者のお見舞い、そして一日も早い復興を祈っています。

写真は清和会の議員総会。中川先生が挨拶をしている。

最新記事