1. HOME
  2. 活動報告
  3. 国歌を歌わない日本人

活動報告

Report

国歌を歌わない日本人

181-1

17歳以下によるサッカーのU17ワールドカップ(W杯)が行われている。私は深夜、偶然だが日本の若者たちの戦いをみることができた。日本はナイジェリアと戦ったが、結果は0―3で完敗した。非常に残念だった。そして、一つ疑問に感じた事があった。
それは、戦いの始まる前に、それぞれ両国の国歌が演奏される。その際、日本の選手は私が見たところ2人しか口が動いていなかった。ほかの選手は見る限りではだれも歌っていない。
一方、ナイジェリアの選手たちは対照的で、ほとんどの選手が口を大きくあけ、胸に手をあて国歌を歌っていた。
みなさんは、これをどう感じますか。勿論、色々な意見があるでしょう。私は少なくとも寂しく感じたし、この姿を見て日本人のことを世界の人たちはどう思われたか少し不安に思った。
昔 の事ですが、同じような事で友人の外国人がこんな事を言っていた。それは日本で冬季オリンピックが開かれたとき、ある種目で日本の選手が金メダルを取り、 その表彰式の際、表彰台で、その選手は帽子も取らず歌も歌わなかった。その様子が世界に流れた。そのとき友人は私に「あの選手はスキーの技術は一番だが、 常識ある人間にはとても思えない」と。
昨日まで行われていた甲子園での高校球児は、試合に勝つと一列に並び校歌を歌う。海を渡ったアメリカで例えば大リーグでも試合が始まる前、国歌を歌う。選手だけでなく、その球場にいる観客も含めすべての人たちが起立し、胸に手をあて歌うのです。

最新記事