1. HOME
  2. 活動報告
  3. 低炭素革命

活動報告

Report

低炭素革命

546-1

546-2

ご案内のとおり、今、洞爺湖でサミットが行われている。

福田ビジョンとは、わかりやすく言えば、「日本が低炭素革命の最先進国になること」である。

福田ビジョン発表の中で

「低炭素革命に真剣に取り組んでこそ、国際社会における日本の存在感を高め、日本経済をさらに強固にできる」

「200年後の子孫たちが我々の努力を『低炭素革命』として誇らしく振り返るものにしなければならない」と書かれている。

低炭素革命とは「21世紀の産業革命」である。

18世紀から19世紀にイギリスでおきた産業革命以後、世界は化石エネルギ-依存の連続であった。

そして、今、温暖化など環境問題や資源高騰のなか、世界の人々の生活を守るため、我々日本が「低炭素革命」に挑むのである。

日本の化石資源は非常に少ない。しかし、日本には自然(水・植物・太陽光)の恵みがたくさんある。

今の日本の技術と創意工夫で「低炭素革命の最先進国」になり地球規模の問題を解決していく。

洞爺湖サミットはその宣言を内外に示す貴重な場所である。

最新記事