1. HOME
  2. 活動報告
  3. 不信任案提出をめぐり

活動報告

Report

不信任案提出をめぐり

「首相を誰がやっても同じだ!」よく聞く言葉だ。しかし、私は間違っていると思う。まして、国難のときほど首相はじめとする政治家(政党)の力が試されると思う。思い出してほしい。小泉首相(当時)が電撃的に北朝鮮に訪問、そして拉致されている国民を救出できたことを。

また、不信任案提出をめぐり多くのメディアは「大震災からの復興を前に首相を代えている場合か」といっていた。しかし、天災から人災に変わりつつある現状。この状態を変えないで、三ヵ月後、半年後、我が国(被災地)はどうなっているのか考えていただきたい。

批判的だったメディアのみなさんは、この先に起こるであろう菅内閣の人災・何も決められない政治の停滞に責任を負って頂きたいものだ。

最新記事