1. HOME
  2. 活動報告
  3. レベル7

活動報告

Report

レベル7

東京電力福島第一原子力発電所事故の暫定評価が、発生から1か月を過ぎてチェルノブイリの事故と同じ「レベル7」に引き上げられた。今まで過小評価を続けた菅政権の責任は重大だ。危機管理能力や指導力の欠如は致命的だ。初動の遅れがレベル7に上げてしまった可能性もある。菅内閣が退陣することが復興への早道であるし、このまま続けられると我が国の悲劇になる可能性すらあると思う。

最新記事