1. HOME
  2. 活動報告
  3. フランスの少子化対策

活動報告

Report

フランスの少子化対策

20090103125527本日の新聞に、フランスの合計特殊出生率が2.0以上になったという記事があった。

近年のフランスは世界で最も少子化対策の進んだ国といわれている。

フランスにおける少子化対策の特徴は、日本との対策と比較すると出産・育児手当は勿論のこと公的な助成がはるかに多い。また、きめ細かい。そして、女性が子供を産み育てやすい社会環境を構築している。

文化の差、社会状況など日本と違う面も多いが、是非調査研究を重ね日本も取り組むべきである。


国会は予想通り?参議院で会議が開かれていない。民主党がボイコットしているためだ。

参議院は良識の府とは過去の言葉になってしまったのかと残念に思う。今

日の新聞各社の論説も、早急に予算をとおすべきという意見が多い。

写真は、家内と3人目の子供(次女)。先日、ある方が子供を産みたくなるような施策をもっとやるべきだとの意見をいただいた。その方の意見はとてもユニークで?一人産む毎に200~300万円の祝い金をだすというもの。

そうすれば、例えば、家や車を買うための頭金に子供を産もうという気になるという。

皆さん、色々な意見を聞かせてください。


最新記事